毎日がヤッホー!! (^.^)/~~~
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
プロフィール
 

ビィジィ

Author:ビィジィ
ウワー!!
助けてくれー!!

 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
恥ずかしいな (^^ゞ 
 
 
最新トラックバック
 
 
こんにちは !!
 
 
 
 

家訓

 
2017/10/31(Tue) Category : その他
我が家では、家訓というほどのものではありませんが、
子供たちに昔から言い聞かせている教えがあります。

この教えは、私が親から言い聞かせられてきた大切な教えで
自分の子供達にも伝え守ってもらいたいと思い
子供達にうるさいと思われるほど言い聞かせています。 (*ノ∪`*)


教えは二つあり、


一つは、
人にお金を貸してはならない。
たとえ親・兄弟であっても貸してはならない。
その人を大切に思うなら、なおさら貸してはならない。
お金を貸すと、その人はあなたから離れていき
大切な人を失ってしまいます。
だから、心を鬼にしてお断りしなさい。

どうしても貸してあげたいと思ったときは、
その金は返って来ないものと思いあげなさい。
でも、その人はあなたに引け目を感じ、
あなたから遠ざかっていきます。

もちろん、あなたがお金が必要で貸してもらいたいときでも
人にお願いしてはいけない。
必要なら銀行から借りなさい。
駄目なときは諦めなさい。


もう一つは、
たとえ親・兄弟に頼まれても連帯保証人になってはならない。
あなたが連帯保証人になったことにより、
あなたの家族がすべてを失い、路頭に迷うことになるかもしれません。
連帯保証人になったことで家庭崩壊した人をたくさん知っているから、
連帯保証人になってもらえるよう頼まれたら、
心を鬼にして断りなさい。

もちろん、人に連帯保証人をお願いしてはならない。
あなたが人を奈落の底へ引きずり込んではいけない。
連帯保証人が必要な時は諦めなさい。


親からの教えは、厳しいものです。
でも、今では私にとっては当然のことで
よい教えだったと思い、
子供へ教え伝えていきたいものです。


なぜ、我が家の家訓をブログに書く気になったかというと
去年、私の友人間でお金の貸し借りがあり
商売に行き詰った友人が
経済的に余裕のある友人からお金を借りたのです。

私だったら絶対に貸さないのに
優しい友人は、その友人に〇百万円を貸してあげたのです。
案の定、借りた友人との連絡は翌日からなくなったそうです。
借りた友人は消息不明。

二人は傍から見ても仲の良い友人だったのに・・・。

その優しい友人が先日、
『 奴を殺してやりたい。 』 と一言漏らしたのです。

やるせない気持ちでした。

私にとってはどちらも友人で
二人とも良い奴なんですよ。

やはり、
親しい仲でのお金の貸し借り・連帯保証人は、
絶対やっては駄目です。

親しいからこそしてはいけないことなんです。

 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
お気に入り
メールは、ここで~す!!
 

無精もんです。メールチェックは、いい加減!!でも、メール欲しいな!!

名前:
メール:
件名:
本文:

 
QRコード
 
QRコード